ブッシュドノエル 意味

ブッシュ・ド・ノエルと言えば、クリスマスケーキの定番。
木の切り株をかたどった、横長のケーキですね。

その名前の意味は、ブッシュ=薪、ノエル=クリスマス。
ド=〜の という意味なので、クリスマスの薪、ということになります。

そのまーんまやん。

子供の頃は、ブッシュ・ド・ノエルというケーキはあまり好きじゃなかったんです。
見た目が、ね(味は全く問題なし!)。だって、なんか地味でしょ?

やっぱり丸くて、イチゴやホイップクリームなんかでカラフルに飾られた
デコレーションケーキが好き!! って思っていたんです。

でも最近は、ブッシュ・ド・ノエルもいいなぁって思うようになりました。
大人になったんですねー。

で、どうしてブッシュ・ド・ノエルがこんな形になったかというと、いくつか説があるようです。
キリストが生まれたお祝いの時に、一晩中、薪を燃やし続けたことから来ているとか。
北欧で、樫の木の薪を燃やすと、一年間無病息災で暮らせる、という神話があるとか。

そういう由来を知ると、ブッシュ・ド・ノエルへの思い入れが一段と深くなりそうだなぁ。

posted by 探索女王 at 16:15 | ブッシュドノエル 意味
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。